読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まると、いげたと

忍たま、落乱のネタバレ感想ブログです。一年は組が好きです。朝小購読してます。ネタバレが嫌なかたはご注意ください。

文化祭……!!!!!

忍術学園の文化祭がソラマチで開催されると聞きました……!!!!

や、や、やったーーーーーーーーー!

年明けから年度末は毎年気が付くと時が経っている毎日なのですが4月からの25期に加え、GWには文化祭もあるとなると!!!!俄然!!!仕事に対するやる気がうなぎ登りです!!!やったーーーーーーーーー!!!!

 

しかもソラマチですって!!

ソラマチ!!

大好きなソラマチ!!(大好きなので週末しょっちゅうソラマチにいる)

文化祭からの水族館、もしくは水族館からの文化祭ができる!!(すみだ水族館の年パスは2回分の入場料金で買えてお得です!@オタクは宣伝をしたがる生き物)

年パスないけど文化祭で心をときめかせながら更にはプラネタリウムにもいけちゃう!!

あと水色の可愛いグッズがいっぱいあるから一年生好きな人きっとニコニコしちゃう!!

和物のお店もいっぱいある!!

浅草も近いから観光も出来ちゃう!!

 

…………ハッピーすぎでは?!?!?!

 

ソラマチで忍術学園の文化祭!!!

企画の方本当にありがとうございます!!!

やったーーーーーーー!!!!!

尼崎に

向かっちょります。

半年ぶりかな。お久しぶりだ~!

月末月初立て込んでいたので、今週末はゆったりまったり尼崎を満喫しようと思います(*´ω`*)!わーーーい!どこ行くかまだ何も決めてないぞーーーーー!(笑)

とりあえず、と、いってきまーす!の気持ちで24期のいってきますの段を見てきました。

やっぱりいってきますの段、最高に可愛いなあ~~~~

アニメ 24-65 一年は組の約束の段

アニメ 忍たま 感想

24期の通常放送ラストは一年は組の約束の段~~~~~~(*´ω`*)

ということで、もうもうめっちゃくちゃ、めっちゃくちゃ、見返してる段なんですけど、冒頭の、「木登りする人~」の指先の描写だけで愛しさが怒濤過ぎてなんというかかんというか。

もう、あの、わーーーーーーーって感じ本当に可愛くてたまりません。

からの、まあ、当然のごとく皆でぐしゃーってなるんですけど、それもひっくるめて皆楽しそうで嬉しそうで可愛くて。

一年は組のこたちがまるっと楽しそうな姿が一番好きだよ~~~~~~ってとりあえず一時停止して胸をおさえる。

そんな文字通りの多幸感からはじまるこの段。

最初から最後まで余すとこなく幸せしかないわ、乱きりしんはとにかく良い子だわ、一年は組も皆それぞれやっぱり良い子。

そして、この段のしんべヱの描写が、とっても子どもらしくて可愛くて。

皆で木登りするところを想像したときのしんべヱが本当に嬉しそうなので、掃除に気乗りしないところもなんやかんやで待ち合わせ場所に行ったときに皆がいないと思って怒っちゃうところも、全部、そうだよねえって気持ちになってしまいます。

しんべヱに同意するきりちゃんにも、フォローしきれずやっぱり同意する乱太郎にも、そうだよねえって思っちゃう。この年頃の「約束」って本当に重要ですものね。

そんなしょんぼりした気持ちに共感している耳に届く、庄ちゃんの「そんなこと言うなよ!」がすっごくすっごく心強くて!!!

情けない話なのですが、この庄ちゃんの台詞で何度見ていても泣いてしまう。

乱きりしんにとって大事な「約束」を一年は組のこたちは皆当たり前に守ってくれるんです。

こんな幸せなことってありますかね?!?!

あかん~~~~あかん~~~~この段に思うところがいっぱいありすぎてどう感想をメモしようか迷って何度も見返してる内に、週末どころか月曜日も終わってしまいそうで、えーいままよ!と感想を打ち始めているのですが、思い出しながら感想打ってるだけで泣いてしまいます。

やーーーーーーーー泣くよ……泣くわよこんなん……

乱太郎もきりちゃんもそしてすっごく楽しみにしてたしんべヱも、ほんと皆よかったねってなります。

たくさんたくさん、先生たちやおばちゃんのお手伝いも頑張ったものね。

頑張った3人に温かい結末が待っていてくれていて本当に嬉しい!!!!本当に本当に本当に嬉しい!!!

木登りする一年は組の子達が皆無邪気で、楽しそうで、それだけでも何かもう感極まってしまうのに!!!!!

夕焼け!!!!!とか!!!!!!!

ズルいーーーーーーーーーーーーーーーー゜゜(´O`)°゜

そんなん、そんな、そんな演出……!!!!!!!

泣くがな……!!!!!!!泣くでしょ?!?!?!?!そんなんほんともう不可抗力じゃないですか?!?!?!?!

只でさえこちとら子どもの世界の「約束」を通じて、あのこたちの素直で優しい可愛い世界に、心の柔らかいところぎゅうぎゅうにされてるわけですよ。

そこにさーーーーーーあんな綺麗な夕焼けとか持ってこられちゃさーーーーーーーー

私はとても自分勝手な大人の視聴者なので、ずーーーーーっとずーーーーーっとずーーーーーーっとあの子達の見つめる先が、温かくて優しくて楽しいものでありますようにと願わずにはいられないわけでございますよ。

だって大人なんだもんんんんんんんんん゜゜(´O`)°゜

なので、この段、個人的に、すーごく、ズルい段だなって思います(笑)

だーいすき!!

この段も一年は組もだいだいだいだいだーーーーいすき!です!!!

戸から乱きりしんに皆が声をかけてくれるシーンもとっても大好き!本当に皆優しい良い子だなあ。

 

さてさて。通常放送の24期はこれで終わりな訳ですが、本日放送していた1話がご家族や周りの大人たちとのお話で、最後が一年は組のお話っていうのもとてもバランスの良い期だったなあとしみじみ思いました。

また今日から24期が始まってるんですよ~~~~~~なにそれ最高じゃないです??????

この世の中最高じゃないです??????

 

あ!本編とはあまり関係ないのですが、乱きりしんが教室をお掃除しているとき、最後にしんべヱがこちらの画面までピカピカにしてくれるところ、いつもとても嬉しくなってしまいます。思わずテレビ私も拭きましたわ。

こういう遊び心も忍たまの好きなところの一つなんですよねえ(*´ω`*)

 

アニメ 24-64 どの委員会も楽しそうの段

アニメ 忍たま 感想

同僚間でムキになる先生たち可愛すぎか~~~~~~~~~~!!!!って言わずにはおれないどの委員会も楽しそうの段~(*´ω`*)

24期のテーマのひとつでもあった浜くんの委員会決めでしたが、ここでいよいよ決定ということで!(*´ω`*)!

皆委員会仲間が欲しいんだなあと浜くんへの勧誘の熱の入れ具合を見る度思っていましたが、先生たちの必死っぷり愛しすぎるじゃろて。

アミダくじにも本気を出す先生たち愛しい……ちょっと余裕を見せてる安藤先生も愛しい……

愛しいといえば、図書委員は松千代先生が恥ずかしがりやだからか、中在家先輩が縄を持っていましたが、縄は託してもきちんと状況は見守っている松千代先生も愛しすぎました!

あと、浜くんと安藤先生が仲良しなのやっぱりとってもかわいいーーーーーー(*´ω`*)

安藤先生といえば、安藤先生登場時の乱きりしんの反応も去ることながら、オチのシーンでの彦にゃんの苦笑いも正直で可愛すぎました。そうそうあのシーン庄ちゃんがきょとんとしているのも面白いです。庄ちゃんにとっては安藤先生の親父ギャグやそれに大ウケの浜くんに呆れるよりも、何で浜くんがあんなに笑っているのかという疑問が強いのでしょうか。あのこ本当に冷静というか、着眼点がマイペースだな……!そういう庄ちゃん好きです(*´ω`*)

そうそう順番は前後しますが、アミダくじの説明をする学級委員長委員会一年sがとにかくもーかわいくて!

あんな可愛い子達が突然出てくる忍術学園やはりパラダイスなのでは??????

あと、冒頭浜くんと乱きりしんが歩いている際の背景で二年生が話している内容も気になります。三郎次の表情から察するに、あのこらめちゃくちゃ可愛いこと話してるぞ絶対……

あんな可愛いことが日常で起きている忍術学園やはりパラダイスなのでは??????

ダムの逆立ちなく可愛い…………すごい…………

 

そんな、どの委員会も楽しそうの段。

浜くんの委員会も無事用具委員に決まり、吉野先生がめちゃくちゃ嬉しそうで何よりでございました。

用具委員としての浜くんの忍術学園生活も楽しい毎日になるといいねえ(*´ω`*)

四年ろ組としての浜くんの忍術学園生活とても楽しそうだものなあ~~!

浜くんが用具委員に決まった時の田村先輩がとてもがっかりしているのを見て、改めてそんなことを思いました。

 

※下記アニメ未放映の原作ネタバレちょこっと※

………………ああいう姿を見ると、60巻で出てきたあの子がアニメにやって来る日も待ち遠しいですね(*´ω`*)

いつかないつかな(*´ω`*)

アニメ 24-63 細かいことは気にしないの段

アニメ 忍たま 感想

細かいことは気にしない!の段の感想の前に最初から細かいことを気にしている発言をしてしまいますが、前回と前々回、件名部の話数カウントが24-61、24-62とかではなく、54-61、54-62となっていたことに衝撃を受けました。

アニメ54期ヤバい。すごい。

昨夜気づいてすぐ修正しているのですがあまりにぶっ飛んだ打ち間違いだったので懺悔します……

 

さて!でもまあ七松先輩が細かいことは気にするな!って言うし、細かいことは気にせず細かいことは気にしないの段の感想をば……!(笑)

もーーーーーーーーーめっっっちゃ面白かった!!!!

ドラマCD等でもそうなのですが、私ほんと、体育のこたちが、なんのかんのと七松先輩のことめっちゃ慕ってる光景が大好きで(*´ω`*)今回も相変わらずの七松先輩と相変わらずの体育のこたちで可愛くて仕方がありません。

電車ごっこで爆走している際に、滝夜叉丸先輩→苦笑い(まだ余裕)、三之助→歯を食い縛る(まだ大丈夫)、しろちゃん→呆然(ちょっとあかん)、金吾→泣いてる(あかん)と言ったように年齢によって表情が違ってるのもすごく面白かったです。

本当にしみじみ、体育の子達は、強くなるのだろうなあ……と思わずにはいられません。

でも皆七松先輩のことめちゃくちゃ信頼してるの本当に可愛い……

可愛いといえば、乱きりしんが、じゃんって出てくる時の三之助の両頬に手を添える絵面の可愛さがめちゃくちゃドストライクでございました。なにあれかわいい……!!!

テープで貼り付けられた乱きりしんを金吾としろちゃんがずっと見ているのもめちゃくちゃかわいい!!!!

体育のこたちの可愛い愛しいのかたまりっぷりほんとなんなのでしょう……可愛いちゃんばかりだものなあ……そりゃあ可愛いわ……

そして、可愛いは勿論のことお話の流れが面白すぎて!めちゃくちゃ綺麗な起承転結のお話ですよね。

すごく見やすくて分かりやすくて面白い。

大好きなお話です。

 

それにしたって滝夜叉丸先輩を先頭にするくだりとしろちゃんを先頭にするくだりが面白くて可愛くてたまりません。後輩たちはあくまでも二人を先頭にしたがための副作用感があるのに対して、七松先輩のあえてノッかってきました感なんなのでしょう(笑)さすがの七松先輩です。

滝夜叉丸先輩vsしろちゃん&金吾の構図も大好きです。金吾って、すごくしろちゃんに懐いているイメージがあります。かわいい。

 

そして、物語の転の部分の滝夜叉丸先輩がさすがの四年生だなあ、と!

ヤケアトツムタケ忍者が細かいこと言い出す前に違和感を感じてますもんね。すごい。『優秀』は自負ばかりではないのだなあ、と思った瞬間でした。

からの七松先輩のまとめ方と水軍さんの日常感が本当に平和で(*´ω`*)

体育のこたちの朗らかさをすーーーごく満喫出来た段でございました。

ほんっと可愛いなーーーーーーー!

あと、体育のドラマCDが聞きたくなりました!帰ったら聞こう!!!

 

アニメ 24-62 同室の緊急報告の段

この間の照星さんと雑渡さんの段に続き、「…………私何のアニメ見てるんだっけ????」となる第二位は、スーパーサイヤ人の如き食満先輩やな……!と思った今期の同室の段……!

最後は安定の伊作先輩と乱太郎でしたが、本当にドキドキハラハラの連続でしたね!あと、全体の流れもだけど、走ってる乱太郎を観ていたら映画を思い出しました…………映画……観たい……帰ったら見よう……

余談ですが、25周年、友達と私の中で勝手に映画があることが決定しているので、何か話すごとに「映画の発表まだかな~~(^○^)」とワクワクしています。まだかな~~(^○^)!ほら、十回口にすると叶うって言うでしょう??忍び文字でしょう????

さてさて、昨日の放送に話を戻しまして、そんなドキドキハラハラの今期の同室。伊作先輩も食満先輩もかっこよすぎるじゃろてーーーーー!六年生のかっこよさ、なんなん?!かっこいい!ずるい!かっこいい!ずるい!かっこいい!!!スーパーサイヤ人は笑ってしまいましたが、でもやっぱり六年生かっこいい!

あと、乱太郎が見つかってしまったときの、暁鬼の立ち姿、かっこよすぎじゃありません?!?!この段ドクタケ勢が正しく悪役感全開だったのもすごく面白かったです!確かにあの雰囲気だったら恐怖のずんどこ(笑)に叩き落とせそうだった!!!ところで暁鬼と霜鬼と露鬼だと、暁鬼が一番先輩なのでしょうか。ドクタケの一覧表が欲しいです……機密情報すぎてダメかな……

 

あとあと、冒頭で話した食満先輩、の、直前の乱太郎に対する食満先輩がすごくお兄さんお兄さんしていて大好きです!

乱太郎の拙い説明に対して、よくわからないながらも最初に「うんうん」ってしてあげる食満先輩本当にめちゃくちゃ優しくて……!!!個人的にあの返しめちゃくちゃときめくやつでした。食満先輩って本当に良いお兄さんなんだなあ……

 

こうして色々思い出すと改めて、何だかすごい手の込んだというか遊び心が詰まった段でしたね。今回の同室。まさかこんなしっかり四方八方肘鉄砲が聞けるとは思ってなかったです!からのミュージカルノリもそのあとの鉄板のオチ展開への流れも面白かった!(笑)

はーウナギが食べたいです!

 

それにしたって、伊作先輩に手を振る乱太郎がウルトラスーパーハイパー可愛いちゃんでございました。

本当に乱太郎は伊作先輩に懐いているのだなあと同室の段を見るたびに思います。かわいい……

アニメ 24-61 六年生の筆づくりの段

アニメ 忍たま 感想

ほんっっっと、アルバイトシリーズは鉄板で面白いなああああ(*´ω`*)!

今期のアルバイトは潮江先輩が本当に絶好調すぎて……!ほんとこの人は……!と笑ってしまいました。潮江先輩が一番子どもっぽいのほんとなんなんでしょうね?!

そんな六年生の筆づくりの段。

土井先生からの紹介とはいえ、きりちゃんも最初からこの人らあかん……ってわかってたでしょうに……!中在家先輩はまだともかく……!潮江先輩と七松先輩に細かい作業は無理じゃろて……!

接客系や外でのアルバイトの時はきりちゃんもまだ警戒していた気がするのですが、逆にこの類いのアルバイトだったら問題は起きないと思っていたのかな……

まあ最初は出来栄えはどうあれ皆黙々と作業していましたもんね。最後もきちんと反省してちゃんとやっていましたもんね。最後はきっちりやるところほんとこの人たちズルい先輩らやで……!って心の底から思いました(笑)

でも三人の中で一番最初に集中がきれるのが潮江先輩というのも意外でした。会計のお仕事の時は10kg算盤使ってるから良い具合に体力も使って集中できるのかしら…………もう潮江先輩細かい作業の時腕に重りでもつければ良いのでは?!(笑)

中在家先輩にシュッシュとちょっかいだす潮江先輩が本当に良き15歳男子すぎてしょうがないです(笑)

そして、潮江先輩が絶好調だったからか、今回の七松先輩がちょっと大人でしたね……!きちんときりちゃんに怒られたことを反省し考えていた……!ちょっと明後日の方向へ行ってはいるけれども!!!えらい!!!(笑)冒頭の作業の時も、生来の大雑把さは否めませんがちまちまとイケイケドンドンイケイケドンドンしている七松先輩可笑しくて可愛かったです(笑)

中在家先輩はほんと毎度のことながら二人の妨害さえなければ、間違いなく土井先生や乱太郎やしんべヱに次ぐきりちゃんにとってのアルバイトの強い味方なんだなあとしみじみでした。良い仕事をしている……!さすがの中在家先輩や……!……ただ……六年生が暴れる時の最後の砦なだけあってそうなった時の被害はすごいんですけれども(笑)中在家先輩ってオリエンテーリングの段の印象が強すぎて本当に頼りになる先輩……!という目で見てしまうのですが、アルバイトシリーズの時の中在家先輩はちょっとお茶目でそんな年相応なとこが可愛いです(*´ω`*)……暴れたら……大変だけど……(笑)(2回目)

そんな手のかかる先輩たちではございますが、でもきりちゃんのアルバイトをしようという気持ちはきちんとあるのですものね……土井先生が来てくださって本当によかった…………

結局本末転倒になったのは土井先生だけで他の子達はめでたしめでたしなのも、すごく和みました。本当に土井先生はお疲れ様ですですけども(笑)

でも嘆きながらも結局はきちんとお手伝いしてくださる土井先生って本当に優しいなあ~~~~~~(*´ω`*)そりゃあきりちゃんも頼りにしちゃいますよね。良き先生や。

 

はーー笑った笑った(^○^)!今期のアルバイトも楽しかったです!!!

納期は大事!!!!!