読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まると、いげたと

忍たま、落乱のネタバレ感想ブログです。一年は組が好きです。朝小購読してます。ネタバレが嫌なかたはご注意ください。

アニメ 24-65 一年は組の約束の段

アニメ 忍たま 感想

24期の通常放送ラストは一年は組の約束の段~~~~~~(*´ω`*)

ということで、もうもうめっちゃくちゃ、めっちゃくちゃ、見返してる段なんですけど、冒頭の、「木登りする人~」の指先の描写だけで愛しさが怒濤過ぎてなんというかかんというか。

もう、あの、わーーーーーーーって感じ本当に可愛くてたまりません。

からの、まあ、当然のごとく皆でぐしゃーってなるんですけど、それもひっくるめて皆楽しそうで嬉しそうで可愛くて。

一年は組のこたちがまるっと楽しそうな姿が一番好きだよ~~~~~~ってとりあえず一時停止して胸をおさえる。

そんな文字通りの多幸感からはじまるこの段。

最初から最後まで余すとこなく幸せしかないわ、乱きりしんはとにかく良い子だわ、一年は組も皆それぞれやっぱり良い子。

そして、この段のしんべヱの描写が、とっても子どもらしくて可愛くて。

皆で木登りするところを想像したときのしんべヱが本当に嬉しそうなので、掃除に気乗りしないところもなんやかんやで待ち合わせ場所に行ったときに皆がいないと思って怒っちゃうところも、全部、そうだよねえって気持ちになってしまいます。

しんべヱに同意するきりちゃんにも、フォローしきれずやっぱり同意する乱太郎にも、そうだよねえって思っちゃう。この年頃の「約束」って本当に重要ですものね。

そんなしょんぼりした気持ちに共感している耳に届く、庄ちゃんの「そんなこと言うなよ!」がすっごくすっごく心強くて!!!

情けない話なのですが、この庄ちゃんの台詞で何度見ていても泣いてしまう。

乱きりしんにとって大事な「約束」を一年は組のこたちは皆当たり前に守ってくれるんです。

こんな幸せなことってありますかね?!?!

あかん~~~~あかん~~~~この段に思うところがいっぱいありすぎてどう感想をメモしようか迷って何度も見返してる内に、週末どころか月曜日も終わってしまいそうで、えーいままよ!と感想を打ち始めているのですが、思い出しながら感想打ってるだけで泣いてしまいます。

やーーーーーーーー泣くよ……泣くわよこんなん……

乱太郎もきりちゃんもそしてすっごく楽しみにしてたしんべヱも、ほんと皆よかったねってなります。

たくさんたくさん、先生たちやおばちゃんのお手伝いも頑張ったものね。

頑張った3人に温かい結末が待っていてくれていて本当に嬉しい!!!!本当に本当に本当に嬉しい!!!

木登りする一年は組の子達が皆無邪気で、楽しそうで、それだけでも何かもう感極まってしまうのに!!!!!

夕焼け!!!!!とか!!!!!!!

ズルいーーーーーーーーーーーーーーーー゜゜(´O`)°゜

そんなん、そんな、そんな演出……!!!!!!!

泣くがな……!!!!!!!泣くでしょ?!?!?!?!そんなんほんともう不可抗力じゃないですか?!?!?!?!

只でさえこちとら子どもの世界の「約束」を通じて、あのこたちの素直で優しい可愛い世界に、心の柔らかいところぎゅうぎゅうにされてるわけですよ。

そこにさーーーーーーあんな綺麗な夕焼けとか持ってこられちゃさーーーーーーーー

私はとても自分勝手な大人の視聴者なので、ずーーーーーっとずーーーーーっとずーーーーーーっとあの子達の見つめる先が、温かくて優しくて楽しいものでありますようにと願わずにはいられないわけでございますよ。

だって大人なんだもんんんんんんんんん゜゜(´O`)°゜

なので、この段、個人的に、すーごく、ズルい段だなって思います(笑)

だーいすき!!

この段も一年は組もだいだいだいだいだーーーーいすき!です!!!

戸から乱きりしんに皆が声をかけてくれるシーンもとっても大好き!本当に皆優しい良い子だなあ。

 

さてさて。通常放送の24期はこれで終わりな訳ですが、本日放送していた1話がご家族や周りの大人たちとのお話で、最後が一年は組のお話っていうのもとてもバランスの良い期だったなあとしみじみ思いました。

また今日から24期が始まってるんですよ~~~~~~なにそれ最高じゃないです??????

この世の中最高じゃないです??????

 

あ!本編とはあまり関係ないのですが、乱きりしんが教室をお掃除しているとき、最後にしんべヱがこちらの画面までピカピカにしてくれるところ、いつもとても嬉しくなってしまいます。思わずテレビ私も拭きましたわ。

こういう遊び心も忍たまの好きなところの一つなんですよねえ(*´ω`*)